ピカソの費用,価格,値段の決め方

〇先日、ちょっと面白いなあと思った画家のピカソの値段の決め方の話です。

これは有名な話だそうで、

とあるレストランでピカソにファンが話しかけたそうです。

「ピカソさん私はあなたの大ファンなんです、この紙に簡単な絵を描いてくれませんか?」

ピカソは彼女に微笑み、たった30秒ほどで小さい美しい絵を描きました。

そして、彼女へ手渡し、こう続けます

「この絵の価格は100万ドルです」

(日本円でざっくり1億数千万円です)

女性はとても驚きました。

「ピカソさん、この絵を描くのにたったの『30秒』しかかかっていないですよ!」

ピカソは笑います。

「30年と30秒ですよ」

30秒で書いたように見える絵には

30年分のデッサンの練習や道具代、
練習時には貰えなかった対価
絵を売るために営業の時間(宣伝広告費)
他の芸術に触れた時間

全ての経験が積み重なってこの30秒の絵が描けるようになり、
この絵の価値が生まれているんだよ、という話

つまり、目の前の時間だけじゃなくて、
「積み重ねてきた時間と苦労」も見なくてはいけない。

目の前の人がパパッとやってるように見えても

その背景には
長い長い時間と苦労があるんです
歴史に残る世界的な画家の絵が
高く売れるのを見て

「この人、儲けていていいな」

と目の前の状況だけで思うかもしれません
どれだけの練習をし
どれだけの努力をし
どれだけの時間を費やしてきたというのは
今は目に見えませんし、知る由もない。

さらっとこの値段を言い放ったピカソは
きっと、かなりの努力と苦労を重ねてきたはずです。
高値を言い放てるのは努力してきた自信がないと言えないことだから

ピカソって努力の人なんだなと

この一言で思う。

そんな話しでした。


今後もより一層のサービス向上に努めてまいります所存です。

ヒューマンアシスト 淺賀 美貴