「腰が悪い」そんな人に。

腰が悪いと重たい物を持ち上げるのが辛くシャッターを開けるのも辛いですよね?

シャッターは交換しなくてもメンテナンスで動きを軽くできる

シャッターメンテナンス

シャッターも10年ごとにメンテナンスするのが理想的で、
古くなると動きが悪く開ける時に力が必要になり、腰が悪い人には辛い作業で、
酷い時にはシャッターの開閉でぎっくり腰になってしまった。っと言う方もいます。

シャッターが古くなると

年数が経つと、サビや劣化してベタベタになったグリスが原因で開閉の動きが悪くなったり、巻き取りシャフトのスプリングが伸びて、持ち上げる力が弱くなり、重たくなります。

プレゼントに

〇シャッターの開閉は毎日のことで、不具合があると日々のストレスになってしまいます。

それならメンテナンスでなく、いっその事、「電動シャッターに変えてしまおう」と思われる方も多いかと思いますが、電動シャッターも機械なので、家電が10年から20年くらいしか使えないように電動シャッターも15年前後で不具合が出てきたり、電子部品が破損して交換しないといけなくなります。

そのため、高額な修理費がかかるので、当社としては手動シャッターをメンテナンスしながら末永く使っていくことをオススメしております。

◎誕生日 ◎父の日・母の日 ◎敬老の日 ◎クリスマス